私の工務店繁栄マーケティングの成功例を無料メールマガジンで学んでもませんか? 0120-000-000

HOME>>基本的な考え方

基本的な考え方

ハウスメーカーに負けない工務店のホームページを作る

ATFでは、新しい時代の工務店の受注拡大のためのホームページを制作しております。そして、それはインバウンドマーケティングを採用した、まさに、これからのネット社会で住宅受注を拡大するための最強の戦略です。

これからの工務店のマーケティングは、インバウンドマーケティングです

今までのマーケティングの概念は、売り手(工務店・住宅会社)・買い手(ユーザー)の相互の関係でした。もちろん、現在もこの2つの関係なのですが、価値観の多様化・ゆとり学習世代の思考・スマートフォンの普及により、情報化時代が進化しています。よって、売り手はサプライヤー的で、ユーザーに自社の住宅建築のサービスを選んでもらう時代になりました。それは、「売り手に売りつけられる」というイメージを消すことから、工務店・住宅営業を始める必要性のある時代になりました。

従来のマーケティング手法は破壊された!
従来の工務店・住宅会社のマーケティング手法は、住宅会社・工務店から人々に向けて一方的に行ってきました。そして、展示場や住宅完成見学会の広告を売り手側が広告をしたいタイミングに合わせてメッセージを行い、自社に都合のいい情報だけをアピールしてきました。それが、今までのアウトバウンドマーケティングです。

それに対してインバウンドマーケティングとは、「どんな家を建てたらよいのか?」など、知りたい、調べたい人が、住宅会社・工務店の情報を探します。

ブリスライフ相模組フジ・マックスiMac_YOUハウス

詳しくはこちらからお問合せはこちらから

なぜ、インバウンドマーケティングは注目されているのか?

インターネットユーザーの拡大で、テレビCMや新聞・雑誌広告などを通じて情報を取得するという手段の利用度が、低下しました。代わって多くの人がインターネットで検索して何かを調べたり、ソーシャルメディアの話題を注目するようになってきました。人々が能動的に情報を探すようになっているのです。その傾向はスマートフォンの普及によって拡大しました。加えて、新聞を購読しない家庭も増加しています。

そして何よりも、発信側の都合の良い情報だけ発信している広告に、ユーザーは信頼を持たなくなったのです。

つまり、私の提唱する「売り込みの匂いを消したアプローチ」が必要になります。

よって、工務店は、わざわざターゲットに自社の工法の優れている点など声高に叫ぶ必要がなくなりました。声高に叫ぶと、ユーザーの信頼度をさらに失うからです。それよりも、情報を探している人に対して鮮度の高いユーザーの役に立つ情報を、ネット上やDM等で発信する必要があるのです。それが、インバウンドマーケティングのスタートです。

興味のあることを調べていく過程で「工務店の情報をうまく見つけてもらえるようにしよう!」というのが、インバウンドマーケティングのコンセプトです。

まず、あなたの工務店を「好きになってもらう」。

見込み客に、多くの工務店から自社を選んでもらう時代になったのです。

多様化した価値観を所有する潜在顧客に自社の見込み客になってもらうためには、ターゲットを絞り込んだ見込み客の価値観を尊重する姿勢が、必要になります。

潜在顧客=将来家を新築する可能性のあるユーザー
見込み客=年内もしくは近い将来に家を新築する具体的な計画があるユーザー
顧客=自社で契約済のユーザー
上記のユーザーに対して、3つの異なる概念で解説します。
ネットユーザーとは、インターネット利用者です。

この続きのPDFが欲しい方はこちらから»

ブリスライフ相模組フジ・マックスiMac_YOUハウス

詳しくはこちらからお問合せはこちらから

株式会社エイ・ティ・エフ工務店facebookページ
竹内徹@zaizen09 twitter

対応エリア工務店・ビルダー専用ホームページ制作のご依頼受付は、インターネットで全国対応しております。


北海道,青森県,岩手県,秋田県,宮城県,山形県,福島県,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県,茨城県,群馬県,栃木県,愛知県,静岡県,三重県,岐阜県,新潟県,長野県,山梨県,石川県,富山県, 福井県,大阪府,京都府,奈良県,兵庫県,滋賀県,和歌山県,岡山県,広島県,鳥取県,山口県,島根県,愛媛県,徳島県,高知県,香川県,福岡県,佐賀県,長崎県,大分県,熊本県,宮崎県,鹿児島県,沖縄県

関連するページを検索

こちらもご覧ください

ATF工務店

東京都港区港南2-15-1品川インターシティA棟 28階 TEL/ 0120-806-709

©2014 ATF工務店 Design by ATF